柏原・富士里エリア

物語とわたしをめぐる旅-秋の黒姫で、モモを語る2日間-

物語とわたしをめぐる旅-秋の黒姫で、モモを語る2日間-

自分の時間を生きよう

ミヒャエル・エンデの名作『モモ』。
それは、時間どろぼうから「自分の時間」を取り戻すために奮闘する少女の物語です。この作品が描かれてから約50年。私たちは今も「時間どろぼう」と戦い続けているのかもしれません。
目には見えないけれど、誰もが平等にもっているはずの時間。自分らしく生きているのは、どんな時間だろう?時間どろぼうに「じぶんの時間」を盗まれないためには、どうすればいいんだろう?
さまざまな分野で活躍するゲストを迎え、『モモ』という物語を多彩な切り口から紐解きながら「じぶんの時間」について考えるシンポジウムを開催します。

昼のじかん-シンポジウム-
日時:2018年11月3日(土)14:00~17:00(13:30受付開始)
会場:黒姫童話館 童話の森ホール
定員:200名
参加費:無料
ゲスト:佐渡島傭平(株式会社コルク 代表取締役社長)、西村佳哲(リビングワールド代表 働き方研究家)、増田喜昭(子どもの本専門店 メリーゴーランド店主)、堀内美江(ドイツ文学者)

物語とわたしをめぐる旅-ステイ-
1泊2日のプログラム「物語とわたしをめぐる旅」(2018年11月3日-4日)の参加者も募集中。

プロジェクトの詳細・ご参加のお申込みはこちらからご確認ください。
MOMOプロジェクトHP

この記事をシェア

その他のイベント