中村家住宅

026-258-2113

DSC_0002.JPG

旧北国街道沿いにある中村家住宅


戦国時代にその秘術が伝えられたという信州打刃物の里である信濃町。

旧北国街道にある中村家住宅は、機械導入以前の古い鍛冶場が残されており、町の有形文化財にも指定されている。

茅葺屋根の建物は江戸末期から明治初期に建てられたとされ、1993年に84歳で亡くなった野鍛冶職人・中村与平さんの住宅兼作業場だった。
明治40年頃に、与平さんの父・中村治平さんにより野鍛冶が始められ、その後親子2代に渡り、動力ハンマーを使わない昔ながらの手法で信州打刃物が作られた。

内部には800点を超える作業道具が残り、信州打刃物の繁栄の時代を今に伝えている。

また近年、「信州『村のかじや』友の会」により、3年の歳月をかけて茅葺き屋根の修復が行われた。



詳細情報

住所 〒389-1305 長野県上水内郡信濃町柏原124
お問い合わせ先名 信濃町公民館 野尻湖支館
TEL 026-258-2113
FAX 026-258-2113
定休日・閉館日 なし
料金 無料
クレジットカード 不可
アクセス JR黒姫駅より徒歩10分
駐車場 なし

大きな地図で見る

≪ 自然・文化TOPに戻る