野尻湖ナウマンゾウ博物館

026-258-2090

nauman03.jpg

2階の展示室にあるナウマンゾウの実物大レプリカ


nauman01.jpg

博物館に向かうバイパス沿いにはナウマンゾウの親子のモニュメントがある


nauman02.jpg

野尻湖畔にある博物館。現在でも研究が行われている


1948年、野尻湖畔の旅館を営んでいた加藤松之助氏が、野尻湖底で氷河時代に生息していたナウマンゾウの臼歯の化石を発見したことをきっかけに、野尻湖では化石の発掘が行われるようになった。1962年より本格的に始まった発掘は現在までに18回に及び、ナウマンゾウの化石をはじめ、オオツノジカの化石、ナイフ・骨器などが数多く出土されている。

野尻湖ナウマンゾウ博物館では、「野尻湖発掘」の成果を中心に、約5万年前から現在に至るまでの野尻湖周辺の自然環境の研究資料を展示。

化石をもとに復元された実物大のナウマンゾウのレプリカがある館内では、出土した石器・骨器などの貴重な資料に実際に触れることができる。

また、1階では石器作りの体験コーナーもあり、来館の際の記念品としても人気。

詳細情報

住所 〒389-1303 長野県上水内郡信濃町野尻287-5
お問い合わせ先名 野尻湖ナウマンゾウ博物館
TEL 026-258-2090
FAX 026-258-3551
メール nojiriko@avis.ne.jp
URL http://www.avis.ne.jp/~nojiriko/index.html
営業時間 9:00~17:00
定休日・閉館日 5・6・9・10・11月の末日(日曜、祝祭日の場合は翌日休館)、冬季は要問合せ
開催日 3月20日~11月30日
料金 一般:500円
小中学生:300円
設備内容 ミュージアムショップ
クレジットカード 不可
アクセス 信濃町ICより車9分
駐車場 70台(無料)

大きな地図で見る

≪ 自然・文化TOPに戻る