おいしい田舎!信州が凝縮された信濃町の食

美しく豊かな自然に囲まれた信濃町。その恵まれた環境で大切に育まれた食文化もまた、町が誇る大きな魅力のひとつです。

大地の恵みをそのまま味わうかのような新鮮な野菜や果物は季節ごとに多種類揃い、それらを使った加工品も数多く作られています。

そしてそれらの食材を生かして作られる料理の数々を提供する、個性あふれる飲食店も揃っています。

環境に育まれた信濃町の食文化を堪能!

数ある農産物の中でも特に名高いのは、ジューシーでハリのある実のトウモロコシと甘みと酸味のバランスが絶妙な大粒のブルーベリーです。

また、黒姫高原の麓で育まれる霧下そばは、上質な味と香りを誇り、全国のそば通をもうならせる自慢の味のひとつです。

 

信濃町での食の楽しみ方は、農産物を食材として購入したり、加工品をお土産に選んだり、または飲食店でゆっくり味わったりと実にさまざまです。

この町を訪れたら、あなたの好きな方法で、我らが誇る自然の恵みを余すことなく堪能してください。

とうもろこし・高原野菜

長野と新潟の県境に位置する信濃町は、東に斑尾山、西に黒姫山、南に飯綱山と戸隠山、そして北に妙高山の「北信五岳」に囲まれた高原の盆地帯にあたります。
それらの山々から湧き出る清水、澄んだ空気、そして有機質に富んだ火山灰土の大地、作物の糖度を上げる昼夜の寒暖差など、信濃町は豊かな自然と気候条件に恵まれ県内有数の酪農地帯として名を馳せています。夏から秋にかけて盛んに栽培されている各種高原野菜は、新鮮さと濃厚な旨味を誇る町自慢の農産物です。
さらに、夏野菜の中でも特に有名なのは、自然環境に頼ることなく土づくりをはじめとする生産者の地道な努力のもと丹誠込めて栽培されるトウモロコシです。

安心安全はもちろん、堆肥を使った元気な土壌づくりから最適な食べ頃の判断まで、手間を惜しまず徹底してこだわりが貫かれています。
その結果、驚くほどの甘みと溢れんばかりのみずみずしさに満ちたトウモロコシができあがるのです。

霧下そば

長野県内には信濃町以外にもそばの産地はたくさんありますが、その中でも信濃町の黒姫山麓一帯は全国的にも知られる名産地です。
理由は、江戸時代にはすでにそばが栽培されていたといわれる歴史の深さと、味の濃い良質なそばが栽培されているからでしょう。
そばは、1日の中で寒暖差が大きいほど旨味の強くなると言われています。 日中は気温が上がっても朝晩は霧が発生するほどの冷涼な気候である黒姫山麓一帯は、そば栽培の適地なのです。
そのため、香りと味が豊かで粘りのある食感が自慢の信濃町産のそばは「霧下そば」と呼ばれて、全国のそば通から愛され親しまれているのです。
また、そんな良質のそばを、打ち立て茹でたてで堪能させてくれるそば処を抱えているのも町の自慢です。各店のそばには打ち手それぞれのこだわりや特徴があり、同じ霧下そばでも違った味わいが楽しめることでしょう。
食べ比べてみて、ぜひお気に入りのそばを見付け出してください。

この記事をシェア

こちらもおすすめ

おすすめスポット