-ここは長野県しなの町- もう一泊したくなる、森と水を愛しむ町へ

 

温もり溢れる時間が大切な思い出になるように

信濃町には個性豊かで温もりに溢れた宿がたくさんあります。遠方からお越しの方はもちろん近場から訪れる方にも、宿で過ごすひとときを含めこの町を丸ごとゆっくり楽しんでいただきたいと思っています。

町内にある宿は、高原らしいペンションから大規模なリゾートホテル、アットホームな旅館や湖畔の舟宿まで実にさまざまです。ロケーション、設備、食事などにくわえて、建物の雰囲気やインテリア、体験メニューやツアーなど宿主が提供する独自のアクティビティをチェックして、好みや目的に合う宿を見付けていただきたいと思います。
とは言え、選択要素も宿の数も多過ぎて、どこにしたらいいのか…と迷われる方もいらっしゃるでしょう。まずはエリアごとの大まかな特徴を比較検討し、その後重視したい要素を少数に絞り込んでいただくことをおすすめします。あなたにぴったりの1軒を見付けて、素晴らしい思い出に満ちた旅を満喫してください。

 

黒姫高原-高原のペンション-

黒姫山の麓の絶好のロケーションを誇る高原地帯には、リゾート型ホテルから個人経営のペンションや旅館まで、規模も趣もまったく異なる宿が点在しています。
それぞれの宿の特徴はさまざまで、観光はもちろん合宿、研修、長期滞在など、人数や目的によって選ぶことができます。
ペンションのオーナーの中には、信濃町の自然や人に魅了されて移住し、ここでの暮らしを自ら楽しんでいる人もいます。彼らはスポーツ指導者、ネイチャーガイドとしてレッスンやツアー付きプランの考案、自家農園野菜を使ったメニューの提供など、とてもユニークで魅力的な宿を営んでいます。
そんなもてなしを経験した方の多くはリピーターとなり、何度もこの町を訪れてくれます。 黒姫高原には、自然を満喫したい方、アクティビティに参加したいという方、地元食材を使った食事をゆっくり楽しみたい方、そしてこの地に魅了された人々との触れ合いを望む方におすすめの宿が揃っています。

野尻湖-湖畔の宿-

野尻湖湖畔にはウォータースポーツの拠点や船小屋・ボート小屋を兼ねた宿が多いため、目的を持った方の滞在が多いエリアです。
宿には専用の桟橋があるので、そこから船を出して湖上に連れ出しスポーツや釣りを楽しませてくれます。
たとえば、まったく経験のない水上スポーツに挑戦して上達したいという方なら、このエリアの宿に連泊して数日集中してレッスンを受ければ一度の滞在で一通りコツをつかめて効率が良いかもしれません。
また、とにかく釣りが好きという方なら、野尻湖は夏も冬もそれぞれにバスフィッシングとワカサギ釣りができるので、湖を知り尽くした宿の主たちにアドバイスをもらいながらチャレンジすると一層楽しめることでしょう。
目的がスポーツでも釣りでも、宿主に限らず野尻湖が大好きな地元の人々と交流を深めつつ過ごしていただければ、さらに旅の思い出が増えると思います。
野尻湖を満喫するならば、湖畔の宿でのステイが最適です。

柏原・富士里

江戸時代の三大俳人・小林一茶の故郷である柏原地区は、かつて北国街道柏原宿を要した交通の要所でした。
一茶の足跡や往時の面影をかすかに残すこのエリアは交通の便が良く、町内に点在する観光スポットにも楽にアクセス可能です。
また、柏原地区の南西に位置する富士里地区には牧場が点在し、一帯に田畑が広がるのどかなエリアです。
柏原、富士里ともに、小規模でアットホームな雰囲気の宿をご希望の方に特におすすめ地域です。

タングラム斑尾

高原で過ごす優雅なひとときを望まれる方にはタングラムと斑尾のリゾートエリアがおすすめです。
タングラムも斑尾も規模の大きなホテルがあり、それらを拠点に冬はスキーなどウィンタースポーツをたっぷり楽しみ、春~秋にかけてはスポーツのほか各種
特にタングラムには、パターゴルフ場、ボブスレー、スライダーなどアウトドア施設が揃っているので、屋外で思い切り遊びたいという方におすすめです。
また、バイキング専門のレストランや和食・洋食の各レストランもあり食事面での満足度の高さも特徴です。
さらに、夏山リフトで上る展望台やリゾートウェディングで人気の高原のチャペルなどもあるので、カップルでもファミリーでも、年齢性別を問わず思い出に残る滞在になることでしょう。
なお、時間に制約のある方には日帰りプランで気軽な施設利用をおすすめします。

 

この記事をシェア

こちらもおすすめ

おすすめスポット