\信濃町の観光ポスターを作りました/横浜英和小学校4年生より

皆さん、こんにちは。(一社)信州しなの町観光協会 鮎沢です。
長野県・信濃町の魅力は何と言っても豊かな自然。夏には、この自然を求めて多くの学校団体がキャンプや合宿に訪れます。

その中の一つ横浜英和小学校(神奈川県・横浜市)の4、5年生が、2018年721日~24日、信濃町内のラボランドくろひめで自然学校を行いました。それぞれハイキングやレクリエーションなどを楽しんだようです。

さて、今回は、4年生の皆さんが信濃町の思い出を授業の一貫として観光ポスターとしてまとめて下さいましたので、紹介いたします。どんな仕上がりになっているのか非常に楽しみですね。

その前に横浜英和小学校ってどんな学校なんでしょうか?少しだけ調べてみました。

横浜英和小学校ってどんな学校?

1880年(明治13年)、キリスト教学校として横浜・山手の居留地に、創立者の名を冠して「ブリテン女学校」として創立され、聖書の教えを礎とした歴史ある私立小学校です。

そんな学校のモットーは「心を清め 人に仕えよ」

「心を清め」とは自分の関心事だけに固執せず、相手の考えに謙虚に耳を傾けられる素直な心となることであり、「人に仕えよ」とは、自分のことから一歩進んで困っている人や弱い立場の人、少数者、ハンディを負う人たちに寄り添い、支えられるようになることです。こちらは磯貝校長先生の言葉。モットーを読むだけで背筋が伸びる思いです。

それでは、横浜英和小学校4年生の皆さんの目線から見た信濃町を紹介いたします。地域にいてはなかなか気づかない視点もあって、どれも素晴らしい作品ばかり!さっそく見ていきましょう。

時間を忘れちゃうくらい楽しい!?

一つ目はこちら!
最初は何にもないじゃん。って素直な感想なんだかよくわかります。信濃町は、ゆっくり過ごすと決める事で本当の良さを実感できる場所なのかも知れません。
雪遊び、森遊びや星の観察…..自然と触れ合う中で夢中になって時間を忘れて欲しいそんなふうに思います。

家族のきずなをもっと深める 信濃町へ

二つ目はこちら!
冬に雪がふることも、夏に自然豊かな緑いっぱいになることも当たり前ではない事に気付かされます。夏は、キャンプ等も盛ん。ぜひ、家族みんなで一緒に作業をしたり、美味しい野菜に感動をして、きずなを深めてもらいたいと思います。

景色とあなたに恋した 信濃町

三つ目はこちら!
ロマンティックな夜絶景をテーマにしたデートは楽しそう。野尻湖花火大会は、発数2,000発ほどの湖上で打ち上げる伝統ある花火大会。実は、混雑もそれほどなくゆっくりと観れるんですよ。はぐれてしまう心配もありませんね。そして、次の日は黒姫山登山や、野尻湖テラスから絶景を眺めれば、信濃町の自然を立体的に楽しむことができるでしょう。

Welcome 信濃町!

四つ目はこちら!
豊かな自然の中では、本当に静かな環境があるものです。人工的な音が全くしないのはちょっと不思議な気分になりますよね。この信濃町では、健康のために森に入る新しい森の楽しみ方森林セラピーも盛ん。ひとときの会のガイドさんと一緒に森を歩けば、森林浴の効果をより上がる運動などを現地でレクチャーしてくれます。

あなたも童話の主人公


五つ目はこちら!
当協会イチオシのこの作品!あなたも童話の主人公なんてキャッチコピー本当に素敵ですね!初夏にはタングラム斑尾高原に100万株のラベンダー、秋には黒姫高原にひとめ百万本のコスモスが広がります。どちらもまるで童話の世界のようです。童話といえば、黒姫高原にある黒姫童話館は、いわさきちひろをはじめとした黒姫ゆかりの絵本作家の作品を収蔵しています。当時の童話作家さんも童話のような町と感じながら、ここに暮らしていたのかも知れません。

自然が沢山信濃町


六つ目はこちら!
ポスターの上からわんちゃん、猫ちゃんがのぞいていて本当に可愛い。さて、自然の中をペットと一緒に楽しみたい!そんなお客様も増えています。黒姫高原には広さ約3,000㎡の広々とした自然の丘陵地を生かした全面芝生の黒姫高原ドッグラン もあります。このエリアには、ペットと一緒に泊まれる宿泊施設もいくつかございます。この夏は、ペットと一緒に自然を満喫するのも楽しいですよ。

ファミリー向けワクワクいっぱい 信濃町


7つ目はこちら!
信濃町の特産品が登場しました!全国で初めて当町がブルーベリーを本格的に栽培した場所なんです、知っていたましたか?現在でも様々な種類のブルーベリーが栽培されており、7月初旬から8月中旬に楽しむことができます。鮮度を保つのが難しいブルーベリー、一番美味しい食べ方は、摘みたてを手のひらに山盛りにのせて頬張ること!また、このシーズンのブルーベリーソフトは抜群に美味しいのでオススメ!

色の王国 信濃町


いよいよラスト8つ目はこちら!
色の王国…この視点に驚きました。私自身とても参考になりました。夏だけを見ても色とりどり、確かに様々な色に出会える場所なんです。四季を思い浮かべれば、春は一斉に競い合うような草木の花々、初夏は眩しいほどのグリーン、夏は野尻湖の湖面が反射してキラキラと美しく、秋には燃えるような紅葉、そして冬は一面の銀世界。色をテーマにした切り口をこれからの観光誘客にも活用したいと思います。

終わりに
さて、いかがでしたか。
どれも、彼らが実際に体験した中で感じ取った生の声が詰まっていて非常に面白く拝見しました。なんだか次の年も期待してしまいますね。
スキャナーの関係上、左サイドが切れてしまっております。私自身も非常に残念なのですが、お詫び申し上げます。
さて、最後に横浜英和小学校の4年生の皆さん本当にありがとうございました。今度は、皆さんがご家族を案内して信濃町に遊びに来てくださいね。お待ちしております!

この記事をシェア

こちらもおすすめ

おすすめスポット