北信濃エリアのボランティア受付について 10月15日現在

今回の台風19号によって、北信濃エリアは甚大な被害が発生しております。

10月14日より、エリア内の一部の市町村では災害ボランティアの受付が始まりました。

信濃町内は、一部の、停電や倒木等により通行できない箇所が残りますが、復旧が進んでいます。(詳しくはこちらをご確認ください)

いつもの場所が瞬く間に一変しました。現在の被害の状況を前にすると心が痛み、自分にできることは何か、などボランティア活動について改めて考える方も多いかと思います。現在受け入れを行なっている窓口や、何より安全にボランティア活動するため、参加に際しての情報をまとめました。

情報は10月17日00:00現在です。随時更新いたします。

大まかな災害ボランティアの概要

各市町村単位で災害ボランティアセンターを設置し、浸水をした世帯での被災ごみのゴミ出し等の作業を行う災害ボランティアを募集しています。

設置主体

市町村社会福祉協議会

活動内容

主な活動内容は被災された世帯(※床上浸水した世帯)から被災ごみの搬出作業です。
具体的には、土砂の取り出し、ゴミの運搬、家屋の片付け、掃除、家財の運び出し等

持ち物など

持ち物:できるだけスコップを持参ください
必 須:健康保険証
服 装:汚れても良い服装(長袖長ズボン、カッパなど)、長靴(鉄板入りの中敷きがあるとよい)、帽子、ゴム製の手袋、軍手、雑巾、マスク、ゴーグル
注意事項:
無理をしない範囲で活動して下さい。
昼食や燃料等は事前にご自身でご用意ください。
活動場所、活動日については、現地の状況により希望に添えない場合があります。

ボランティア保険

ボランティア活動保険の加入について、事前にお住いの地域の市町村社会福祉協議会にて申込みをお願いします

ボランティア受け入れ先情報一覧


長野市南部災害ボランティアセンター
災害ボランティアの受付を10月16日(水)の9:00から開始いたします。
≪お申込み先・お問合せ先≫
社会福祉法人長野市社会福祉協議会
受付場所:南長野運動公園(南西)屋内ゲートボール場(長野県長野市篠ノ井東福寺320)
受付時間:9:00~12:00(17日以降も同じ時間)
TEL:080-5072-9607 (ボランティアお問い合わせ専用までお願いします)
https://www.csw-naganocity.or.jp/info/single/si-194

中野市災害ボランティアセンター
≪お申込み先・お問合せ先≫
社会福祉法人中野市社会福祉協議会
【住  所】〒383-0042 中野市大字西条70番地1
※業務時間:平日午前8時30分~午後5時15分
TEL:0269-26-3111(いずれも業務時間内にお願いいたします。)
https://www.nakanoshi.net/info/2019/10/entry60.html

飯山市災害ボランティアセンター
≪お申込み先・お問合せ先≫
社会福祉法人 飯山市社会福祉協議会
【住  所】飯山市大字野坂田781-4
※受付時間 午前9時から午後5時
ボランティア受付専用 電話:090-4945-8342/090-4945-8442(いずれも業務時間内にお願いいたします。)
https://www.city.iiyama.nagano.jp/soshiki/hokenfukushi/kaigo/borasen

須坂市災害ボランティアセンター
≪お申込み先・お問合せ先≫
社会福祉法人 須坂市社会福祉協議会
【住 所】 長野県須坂市大字塩川168-1日野地域公民館 体育館内
(ボランティア活動受付時間9:00~11:30)
電話:026-246-2276・026-246-2280(9時~16時)
FAX:026-246-2287
メール:tasukeai@suzaka-shakyo.jp
https://www.city.suzaka.nagano.jp/contents/event/event.php?id=14970

小布施町災害ボランティアセンター
≪お申込み先・お問合せ先≫
社会福祉法人 小布施町社会福祉協議会
(ボランテイア活動受付時間9:00~11:30)
○予約電話番号026-242-6665(9時~16時)
(千年樹の里小布施町健康福祉センター内)
【住 所】 長野県上高井郡小布施町大字小布施860-イ
電話:026-242-6665
FAX:026-242-6696
http://obuse-shakyo.org/modules/cont/archives/5107
ボランティア受付に際し、現段階では長野県内の方、または当該の市町村にお住まいの方に限る場合がございます。※詳しくはリンク先のウェブページでご確認お願い致します。

水害でのボランティア作業について

豪雨後の「水害ボランティア」に参加する上で、どんなことに気をつければ良いのでしょうか。ボランティアセンターでは、マニュアルを作成しています。作業時の注意事項、安全・衛生管理の注意も記載されていますので、必ず目を通して現地へ向かいましょう。
参照:https://www.asahi.com/articles/ASL7D4VTYL7DPTFC00Q.html

詳しくは、こちらをご確認お願い致します。[水害ボランティアマニュアル]

被災地ボランティア10ヶ条


心得として先般の熊本地震の際にまとめられた被災地ボランティア10ヶ条(熊本県ボランティアセンターなど作成による)も合わせて掲載いたします。
ボランティアで来ていただくことは、現地にとって本当にありがいことです。ご自身の安全の確認等を優先し、できる範囲で被災者に寄り添っていただければと思います。
 
1)余震に備え、安全に十分注意する
2)危険、疑問を感じる作業は安易に引き受けない
3)こまめな水分補給と休息をとる
4)相手に不信感を与えないため名札を着ける
5)倒壊した家屋や被災者との写真撮影は控える
6)ゴミやがれきも被災者の「思い出の品」と心得る
7)水や応急セットは常に持参し、ゴミは持ち帰る
8)手伝おうとする被災者には「休んで」と気配りを
9)趣味や古里の話題で周囲と会話を。絆が生まれる
10)作業が無くても怒らない。待つのもボランティア

参照:https://fujikko92.exblog.jp/24319308/

緊急資金募金について

最後に、長野県では、令和元年10月13日に台風19号により発生した災害に対し、ふるさと信州寄付金(長野県へのふるさと納税)による災害支援寄付受付を開始しました。皆様のご支援をお願いいたします。

基金のお申し込みはこちらから
https://www.pref.nagano.lg.jp/zeimu/happyou/happyou/20190114press.html



いつも遊びのフィールドを提供してくれているこの北信濃エリアですが、一晩のあいだにずいぶん大きく変わってしまいました。
いつものように、山や川そして美しい里の中で楽しむお客様をお迎えできるようになるまで、多くの皆様のお気持ちで支えていただければと思います。
お一人お一人がご無理のないできる範囲でのご支援をして下されば本当に助かります。
被災地を囲む輪が広がりますようにどうかお願い致します。

この記事をシェア

こちらもおすすめ

おすすめスポット