しなの町癒しの森の手帖 -森を歩いてみませんか?-

 

 

 

 

信濃町には、森林メディカルトレーナーの資格を持つ町民ガイドが、自然環境を守りながら、町を訪れる人に森の癒し効果を体感してもらおうと、様々なプログラムを用意しています。

ここでは、「癒しの森の宿」に宿泊して2泊3日で心も身体もきれいに元気になれる旅プランをご紹介します。

地域の人とふれあい、この土地の美味しい食べ物を食べ、恵まれた森の力に感謝する、高原リゾートのリラックス旅へようこそ。

Day 1 森に行こう 森を歩こうノルディックウォーキング身体にやさしい食事

 

 

 

 

森林メディカルトレーナーと歩こう

 

宿泊する「癒しの森の宿」に到着。森に囲まれたテラスでウェルカムティーをいただき、ほっとひと息ついたあとは、森林メディカルトレーナーと待ち合わせする黒姫童話館へ。

はじめての「癒しの森」を案内してくれるのは、神奈川県出身で黒姫高原在住、ペンションを経営している長谷川久雄さん。ガイドネームは「おっちゃん」(笑)という気さくな長谷川さんと話をしながら5分ほど歩くと、そこはもう森の中。

「この木、すてきだな…」

見とれていると、「気に入った木に寄りかかってみましょうか」と長谷川さん。用意してもらったシートを敷き、地面に座って目を閉じて、大きな木にもたれてみる。
「これがセルフ・カウンセリング。
地面に近いところでリラックスしながら瞑想してもらうんです」と、長谷川さん。
鳥の声や風の匂いに五感を澄ませていると、森と一体化しているような感覚になっていき、気づいたら30分も時間が過ぎていた。

いい酸素を取り入れようノルディックウォーキング

 

 

次は、宿ですすめられたノルディックウォーキングに挑戦。長谷川さんに「普通に歩くのとなにが違うんですか?」と聞いてみた。

「ストックを持って手の力で進むことを意識すると、全身の90%以上の筋肉を使うことで深く呼吸することができるんです。いい酸素を身体に取り入れてあげましょう。緑のカーテンは紫外線もカットしてくれるから、森は女性の肌にやさしいよ」と長谷川さん。

森の中には、木の根っこや葉っぱ、枝があちこちにあって、歩き飽きない。20分ほど歩き続けると、息が少し切れるくらいになって、気分もすっきりした。

帰りがけには長谷川さんが葉っぱでバッタを編んでくれた。小さなことだけど、地元の人の心遣いがうれしいな。

身体にやさしい食事

 

 

「癒しの森」体験の魅力は、食事にもこだわりがあること。お昼に食べた「癒しの森弁当」は、信濃町の野菜をたっぷり使って地元のお母さんたちが作ってくれる特別なお弁当だ。手作りのお惣菜が懐かしくてほっとする味だったなあ。
宿で食べる食事も、「癒しの森」の特別メニュー。地元の食材を手作りでヘルシーに仕上げた料理は、どれも美味しく、身体にやさしい。1日目から心も身体もこんなに癒されるなんてシアワセだ。

Day 2 手仕事の日 旅の思い出をカタチに植物の力を利用して夜のお楽しみ

 

 

 

 

旅の思い出をカタチに

癒しの森体験では、森での体験以外にもさまざまな体験プランを組み合わせ、オリジナルのプランを作ることができる。
今日は信濃町に工房を構える作家さんの工房へお邪魔して陶芸体験に挑戦。
土をこねて、形を整える。
土の手触りや上手くできるかなというドキドキ感も新鮮。

形を整えるところまで終了したら、あとの作業は工房におまかせ。
焼き上げて釉薬を塗った完成品は、後日自宅まで郵送してくれる。

旅の思い出が数ヵ月後に旅先から届くなんて自分へのプレゼントみたいで楽しみ。

旅の思い出をカタチにイメージ

植物の力を利用して

 

たまたま立ち寄った童話の森ギャラリーで、どくだみローション作りの講座が開催中。飛び入り参加させてもらう。

ドクダミは別名「十薬」とも呼ばれるほど解毒作用が強く、皮膚病に効果があるとか。
生のドクダミをたっぷり使っているけれど、香りも思ったよりきつくない。

自然の力を使った身体にやさしい虫よけローションも、すてきなお土産になった。

夜のお楽しみ

 

夕食のあと、星空観察に行く。
目が追いつかないほどたくさんの星、星、星…。

まるで夢を見ているような気分で宿に戻ると、オーナーの奥さんに「蒸気芳香浴やってみる?」
摘みたてのラベンダーの香りに誘われてもちろん「はい」と即答。

お湯を張った洗面器にラベンダーを浮かべてタオルを被る。
顔に温かい蒸気が触れ、ラベンダーの香りが眠気を誘う。

蒸気芳香浴をやっている間に、クロモジのエッセンシャルオイル作りも体験させてもらった。自然由来のやさしい香りに包まれて、今日もぐっすり眠れそう。

Day 3 気分と体調を整える 川歩きでリラックス森のゆらぎの心地よさ元気な身体と素直な心

 

 

 

 

川歩きでリラックス

 

とうとう癒しの森体験最終日。
今日は昨日のローション作り体験で出会った森林メディカルトレーナーの鹿島岐子(みちこ)さんに案内していただく。
「森の中はただ歩くだけでも気持ちのいいけれど、五感を解放して楽しめるちょっと面白い体験がある」とのこと。

先日ノルディックウォーキングで通った沢の近くに来ると、「裸足で入ってみましょう」。
裸足で川に入ったのは小学生以来、ちょっとドキドキ…。

冷たい!でも気持ちいい!

川底の石の刺激と冷たい水が歩き疲れた足をほぐしてくれる。
滝の近くまで歩くと緊張していた心がほぐれていく。
森はマイナスイオンがいっぱい、水辺ならなおのこと。

「末端を刺激することで身体全体の血行がよくなるのよ」。
水からあがると足がじんわり温かくなっていく。水療法も気持ちいい。

森のゆらぎの心地よさ

 

 

歩きながら葉っぱの香りを確かめたり、小枝で爪を刺激する爪もみをしたり、ヨガの呼吸法を教えてもらう。
鹿島さんと話しながら歩いていると自然と人間は繋がっているということを実感できる。

遠くに見える木の葉、木の幹の曲線、鳥のさえずり…、森のリズムはすべて不規則。

「“1/f”と言われる、その揺らぎに心をあずけた時の心地良さが癒しの効果なの。普段の生活で緊張したときは、さっきの深呼吸をやってみて。呼吸は気分と体調をリフレッシュするスイッチになるのよ」

と鹿島さん。
森の中では、今この瞬間に森の癒しの力を、ただ感じるだけというぜいたくな時間と体験がある。

 

元気な身体と素直な心を持ち帰る

 

なぜだろう。はじめての森林セラピー体験は、最初はちょっぴり不安だったけど、いつのまにか懐かしくて温かい気持ちに満たされていた。

森を歩き、地元の人とふれあっているうちに、ここに来る前に悩んでいたことが「大したことない」と思えるようになっている。
自分の体力にも少し自信がついた。

今度はどんな体験メニューに挑戦しようかな。
また森を歩きにこよう。

 

この記事をシェア

こちらもおすすめ

おすすめスポット